art
Terremoto 13 - La Pared Dividida/ The Split Wall
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

Terremoto 13 - La Pared Dividida/ The Split Wall

¥2,200 税込

送料についてはこちら

Terremotoは、メキシコシティとアメリカ大陸周辺の現代美術に特化したコミュニケーションプラットフォームで、メキシコとアメリカの国境から中南米とカリブ海までの南部に特化しています。 https://terremoto.mx/issue/issue-13-la-pared-dividida/ Terremoto 13では、建築家、芸術家、理論家と一緒に、新自由主義システムの基盤の不安定化に寄与する抵抗の形態と同様に、人間の生活に適応し整理し影響を与える構造を構築および検討する方法について考察します。すべての細部から、都市と町、現実と精神の空間、地平線と地下を、批評的視点と福祉的視点の両方から見て、身体とコンクリートの間で行われる戦いを理解します。 植民地時代から現在まで、ラテンアメリカの都市の中心は文明の均質化されたビジョンの下で開発されてきましたが、それは後に近代主義の理想と発展論的論理を接合した進歩によって更新されました。植民地の都市設計とその領土の荒廃の暴力を補完する、モダニズムに基づいた建築デザインは、身体と空間の関係に関する西洋の見方を更新します Terremoto 13のタイトルは、ビアトリス・コロミーナの独創的なテキスト「The Split Wall:Domestic Voyeurism」を参照しています。研究者が建築を「主題を生み出す視線のメカニズム」として理解し、建築する行為の主題は、中立になることは決してなく空間自体の構造を通して性別と支配の問題を構成しています。 視線を通して、建築のモダニズムは、外部と内部、家庭と公衆、親密と社会の間の関係の新たな定義を獲得し、個人主義とスペクタクルを強調します。今日、建築、都市計画、領土計画の分野は、不動産と金融資本の支配と、その分離、搾取、不平等の影響を永続させています。機能性と個人の福祉を装い建築は、外部を無視してそれ自体を再現する発達の原理の付随的な損害を隠します。したがって、再開発、無駄、移動、破壊、暴力は、構築されるものの基準を設定し続けます。建築家は、資本主義の権力の行使を混乱させるための対話のためのスペースを確立して、どのように実践を批判的に実行できますか? どのような仕事の基準の下で、住む人々を支持する建築が機能する正当なプロセスを確立できますか? 個人の好みはどの程度まで集団的要件に勝てますか? 雑多な現状を維持するために、過去と未来をつなぐことができるアクティブな異質性から建築をどのように考えることができますか? 冊子は4ヶ月に一度のペースですがウェブサイトはブログやレビュー、作品画像等かなりの頻度で更新されているので中南米のアートシーンを知るには最適だと思います。 https://terremoto.mx/