art
No Age & Brian Roettinger: Graphic Archive 2007–18
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

No Age & Brian Roettinger: Graphic Archive 2007–18

¥6,050 税込

送料についてはこちら

デザイナーのBrian Roettingerは、10年以上にわたりロサンゼルスのパンクバンドNo Age(Dean SpuntとRandy Randall)とアルバムやサイドプロジェクトでコラボレーションを行い多くのビジュアル作品を生み出してきました。アンダーグラウンド・ミュージックで育った彼らは、DIYスペース「The Smell」で友情を育み、RoettingerとNo Ageにとって必然的ともいえるクリエイティブなコラボレーションを実現しました。、2007年リリースした初のコラボレーション作品である5枚組のEP、Get Hurt、Sick People Are Safe、Dead Plane、Neck Escaper、Every Artist Needs A Tragedy のビジュアルを制作し、それぞれのプロジェクトが前作に呼応したり前作に反発したりしながら成長し、進化してきました。ZINEのようなCDケースから手作業で組み立てるLPまでRoettingerとNo Ageは、それぞれの活動の中心となっている緊迫感を保ちながらアルバム・パッケージの常識を覆す方法を常に模索してきました。 本書はこの継続的なコラボレーションの最新版であり、長年にわたるクリエイティブなコラボレーションのアーティストブックと辞書のようなものです。この本の中のNo Ageのビジュアル作品は、アーティスト名からバーコードまで様々なグラフィック要素に細かく分解されており、まるで強迫観念的なファンジンのような効果をもたらしています。288ページにわたる白黒のグラフィックによって読者はRöttingerとNo Ageのクリエイティブなパートナーシップの歴史や、彼らがどこから来たのかを忘れることなく常に進化しようとする様子を読み解くことができます。 本書は2019年に日本で行われた展示に合わせて限定再発行された物ではなく2018年に発行された物です。 No Ageは店主の好きなバンドの一つで、00年代後半かなり影響を受けました。NO AGE "BOY VOID"のMVは何度観た事か。 https://youtu.be/obEEbhU598g