{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

Fukt Magazine #16 The Sex Issue

¥3,300 税込

送料についてはこちら

1999年にノルウェーのトロンハイムで創刊され、2001年からドイツのベルリンを拠点に活動しているFUKT magazineは、現代ドローイングのための雑誌です。広告なしで、ビジュアルを重視した美しいデザインで、興味深いアーティストのインタビューや魅力的な著者によるエッセイも随時掲載されています。デザインやテーマは毎号変わっています。 ます。FUKTとはノルウェー語とスウェーデン語で「湿った」という意味です。 2017年に発行された第16号では、エロティックな現代のドローイングに焦点を当て、23人の作品を紹介します。Martin Skauen(マーティン・スカウエン)のユーモラスで露骨な漫画からBettina Krieg(ベティナ・クリーグ)の抽象的な線画まで、様々な技法や表現を幅広く紹介しています。Ulli Lust(ウリ・ラスト)のベルリンのフェティッシュ・クラブでのコミック・ルポルタージュや、Audrey Jones(オードリー・ジョーンズ)がアプリ「Tinder」で知り合った男性とのテキストメッセージの対話を描いたドローイングなど、多かれ少なかれ自己体験的なものもある。Paul Davis(ポール・デイヴィス)のドローイングでは、性器は消去され、あるべき場所に空洞があるだけです。 セックスのイメージは、非道なもの、露骨なもの、単に不気味なものへと簡単に変化してしまいますが、本書はそうした可能性をすべて回避し、様々なスタイルのドローイングが行為、思考、態度、不安などを描き出し、従来の印刷物に見られるポルノ的なものとは全く異なる内容になっています。 Contributors : Alphachanneling Audrey Jones Aurel Schmidt Bettina Krieg Bjarne Melgaard David Shrigley Frances Waite Fredster Gagan Singh Keith Haring Marit Victoria Wulff Andreassen Marlene Dumas Martin Skauen Max Kisman Minzo King Moussa Kone Mrzyk/Moriceau Patrick Angus Paul Davis Steingrim Veum Stewart Helm Tommy Olsson Tracey Emin Ulli Lust Editor : Björn Hegardt Design : Ariane Spanier ISBN: 978-3-95763-399-6 16,5 cm x 23 cm 230 pages, full color. https://www.fuktmagazine.com/#/fukt-16/ https://magculture.com/blogs/journal/fukt-16

セール中のアイテム