art
Modern Matter Issue 16 Visual Essay
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

Modern Matter Issue 16 Visual Essay

¥4,950 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

オンライン上で見られるスタイルやコンテンツへの時折混沌としたアプローチと、細心の注意を払った制作への配慮、そして最高の印刷雑誌の特徴である文章を融合させた画期的な年2回発行の雑誌であるModern Matterは、市場に出回っている他の雑誌とは一線を画しています。この雑誌の背後にあるチームにとって最も重要なアート、スタイル、デザイン、文化の側面と同様に、「今」に焦点を当てていることに敬意を表して名付けられたModern Matterは、一般的に商業的な領域に個人的なものをもたらします。Serpentine galleriesのHans Ulrich Obristは「ロンドンで最高の雑誌」と評し、書店MagmaのMarc Valliは「雑誌編集者のためのポルノ」と評したModern Matterは、長編のカルチャー・ライティングの最高傑作と、ファインアートの感性とハイファッションの美学を融合させたユニークなアプローチをとっています。 今号は、同誌のスタジオでのErwin WurmとHelmut Langとのコラボレーションによるビジュアル・エッセイです。その核となるのは、制作者と鑑賞者、芸術家と観客、指導者と読者の間の弁証法の探求です。私たちがイメージを創造するとき、私たち自身がパフォーマーとなり、私たち自身のイメージと、私たちが周囲をどのように見ているかというイメージをキュレーションしています。このようにして、イメージには私たちの自己意識が込められており、同じように、私たちは鑑賞者としての経験を通して他者のイメージを読み解くことができるのです。視覚の言語をめぐる問題もまた、インスタグラムの時代ほど問題になりませんでした。この号は、すべてのポートレート、特にすべてのセルフポートレートは、パフォーマンスについてでもあるのです。 http://amodernmatter.com/