art
Borshch #3
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

Borshch #3

¥3,850 税込

送料についてはこちら

borshchはダンスフロアを超えたエレクトロニックミュージックのための雑誌です。 Mariana BerezovskaとTiago Biscaiaによって2017年にベルリンで設立され、音楽を作る、聴く、踊ることについてオープンな対話を引き起こし、既成概念に挑戦する空間です。物理的、デジタル的なフォーマットを通して、エレクトロニック・ミュージックが現代文化に与える芸術的、社会的、政治的な影響について、クラブの内外を問わず論じています。雑誌の印刷版は半年ごとに発行されます。 Borshch #3では、Jeff Millsと一緒に、壊れやすい人間であり、電子音楽中毒者でもある私たちが、テクノロジーに支配された未来に何を期待できるのかを推測するために、大胆な飛躍を遂げました。天体の自然にもミューズを見出しているエレクトロニック・ミュージシャンのDasha Rushに会い、『Dark Hearts of Space』で思い描いていた彼女のアイデアを探ります。ダンスフロアを超えたテクノミュージックについて語る際には、Jeff Millsに、彼のプロセスにビジョンやアートのインスピレーションを与えてくれた人々を紹介してもらいました。今回は、詩人、俳優、映画監督など、エレクトロニック・ミュージックを彼らの作品に不可欠な独立した芸術として捉えているアーティストに話を聞いてみました。Jessica Care Moore, Akaji Maro, Jacqueline Cauxは、ジェフが身近なテーマに新たな視点を求めるようになった協力者です。惑星の科学者であり楽器の発明者であるKelly Snookは、宇宙への進出についてのミルズの考えを議論し、希望に満ちた未来の新しいシナリオを提案するために、このディープな思想家の輪に参加します。 https://borshchmagazine.com/