Zweikommasieben #10
5c9ede7da71db74f3b4bdd7f

Zweikommasieben #10

¥2,200 税込

送料についてはこちら

Zweikommasiebenは、2011年の夏から現代音楽とサウンドのドキュメンテーションに力を注いでいるスイスの雑誌です。この雑誌は、アーティストのインタビュー、エッセイ、コラム、写真、イラスト、グラフィックスを特色としています。 さらにZweikommasiebenは、さまざまなイベントを企画し開催しています。たとえば、2018年の夏にサンフランシスコで最初に開催されたシンポジウムEbbing Soundsや、隔年開催のロンドンを拠点とするフェスティバルOto Nove Swissです。 Zweikommasieben#10では、「DIY」と「パンク」について頻繁に言及されます。リリース前の数ヶ月は、パンクやそれにインスパイアされた音楽を扱うことがよくありました。 さらに、パンクやDIYなどの用語は、私たちが最近行った比較的多数の会話で発生しています。 これは、この号で掲載したいくつかの記事にも当てはまります。たとえば、Vessel、DJ TLR、Lena Willikens、Pudel-BookerのRalf Kösterへのインタビューです。 これらのインタビューに加えZweikommasieben #10では、Torn Hawkによる短編、KVBからの写真、通常のコラムと身体やその特徴についてのトピックに関するテキストを掲載しています。 https://www.zweikommasieben.ch/ https://www.zweikommasieben.ch/en/magazin/zweikommasieben-magazin-10/ The publication features M.E.S.H. Lena Willikens Vessel Powell Creme Organization's DJ TLR The KVB Juju & Jordash Torn Hawk the Golden Pudel-crew (including Ralf Köster, Nika Son & f#x) Yør Kontra-Musik's Ulf Eriksson