art
Sayre Gomez - Déjà Vu
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

Sayre Gomez - Déjà Vu

¥4,950 税込

送料についてはこちら

Sayre Gomez: Déjà Vu ロサンゼルスを拠点とするアーティストSayre Gomezの2回目の個展となるDéjàVuがGhebaly Galleryで行われた際の図録で、作家兼キュレーターのOlivian Chaによるエッセイが含まれています。 以下は展示の際のギャラリーのステイトメントの日本語訳です。 Gomezは、いくつかの新しい作品群に渡って、現代アメリカの主観性の大雑把な探求に、騙し絵の絵画技法を巧みに取り入れています。展覧会は、1941年のディズニー映画「ダンボ」からの6秒のビデオループで始まります。激怒した囚われのゴリラが檻の棒を揺さぶると、ショックで檻の棒が緩んでいることに気付きます。自分自身を解放するのではなく、怒りの抗議を続けるために檻を修復します。短いループ動画は、永遠に繰り返す雰囲気、いくつかの模倣のきっかけを作りだしや展覧会中ずっと反復ています。 フェンス、閉じた出入り口、および窓は展覧会全体で再現され、制限され打ち切られた機会を示しています。3つの絵のセットでは、フェンスが鮮明な絵の焦点になり、背景は遠くにあるようにのぼけています。厄介なことに、そのフェンスにはツタが伸びています。時間の経過と環境に対して人間の制御の不可能性を意味するツタは、鑑賞者を風景から風景へと動かす役割をしています。これらの道の風景を結びつけるのは、2つの大きな店先の戸口の絵であり、それぞれ1対1の縮尺で表現され、劣化しゴミのようになったものが細部まで描かれています。1つは、熱帯の風景を描いた擦り切れて色褪せたビニールのレイヤーが、内部の景色を遮っています。もう1つは、紙くずが出入り口を内側から覆っています。American opportunityのエンブレムでもある店先のドアは、それが開かれる前に閉ざされ、閉店した状態が描かれています。 展覧会の巡回路はらせん状に進み、外部から内部の空間に移り、一連の騙し絵の木製パネルの絵画で展示されています。さまざまな状態の剥がされ方のステッカーを傷ついたニス塗りの木製パネルの表面に再現する作者は、意識とアイデンティティの形成について言及する心理学的な告発した作品を作成します。文化的態度、性差的な行動、階級の標識、および美学についてのステイトメントの組み合わせであるこの作品では、ステッカーをアイデンティティの化身として使用しています。個人的に重要ではないステッカーは、表面的な不可逆さと結びつく、自己認識の現れの集合を提供する物です。 この内部性への考察は、無題の絵画、臨戦態勢の未来的な戦闘機パイロットの写実的な肖像画によって中断されています。この作品の元となる画像は、ファンタジーイラストアーティストによって作成され、軍事愛好家のウェブサイトに投稿されました。このコンピューターで生成された兵士をペイントすることにより、Gomezはそれを別の種類のステッカーまたは装飾品として表現し います。この作品は、力、暴力、支配が擁護され、倒錯的に美化された集団の想像力の協同性を反映しています。 Author: Sayre Gomez Publisher: Ghebaly Gallery Language: English Pages: 72 Size: 23 x 18 cm Weight: 220 g Binding: Softcover Texts by Catherine Taft and Olivian Cha Interview by Martine Syms Design by Maria V. Troconis, Grafikisto Edited by Gan Uyeda First Edition: 2018, 750 copies https://www.sayregomez.com/ http://ghebaly.com/work/sayre-gomez-deja-vu/