Zweikommasieben #14
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

Zweikommasieben #14

¥2,200 税込

送料についてはこちら

Zweikommasiebenは、2011年の夏から現代音楽とサウンドのドキュメンテーションに力を注いでいるスイスの雑誌です。この雑誌は、アーティストのインタビュー、エッセイ、コラム、写真、イラスト、グラフィックスを特色としています。 さらにZweikommasiebenは、さまざまなイベントを企画し開催しています。たとえば、2018年の夏にサンフランシスコで最初に開催されたシンポジウムEbbing Soundsや、隔年開催のロンドンを拠点とするフェスティバルOto Nove Swissです。 あらゆる事が言えるのが現代のコミュニケーションシステムの性質であると、スーザン・ソンタグは前世紀70年代末に主張しました。空想、アイデア、テーマ、イメージ......今日、インターネットという優れた均等化する機械は、これらをあらゆる可能な文脈で提示し、それぞれの文脈は自動的に他のすべての文脈と対等な条件に置かれています。重要な政治的、美的、文化的差異もまた、恒久的な平準化の脅威にさらされています。物事の不随意の軌跡とそれに伴う突然変異は,アーティストに様々な課題を提示しています。このことは、私たちが最も関心を寄せる音楽やサウンドの新しい形態にも当てはまります。本号の寄稿はすべて、異なる方法で、異なるレベルでこの問題に取り組んでいます。 レイヴパフォーマンスデュオのN.M.O.は一例であり、シンガーでありプロデューサーでもあるPalmistryは別の例です。 他にもEndgame、Phuong-Dan、Carla dal Forno、Zuli、Ekman、Telephones、Broshuda、meandyou.、Feldermelder、Bernardino Feminielli、Daniele Guerrini (Cage Suburbiaの)、そしてPetit Singeがこの号で取り上げられています。 https://www.zweikommasieben.ch/ https://www.zweikommasieben.ch/en/magazin/zweikommasieben-magazin-14/