art
NXS issue #4
5d1e8fea4c806473ba2dcbad

NXS issue #4

¥3,240 税込

送料についてはこちら

NXS #4: Algorithmic Anxiety Size: 38x15 cm Pages: 56 状態: 新品 WITH CONTRIBUTIONS BY Arnar Ásgeirsson 
avoidstreet
 Crosslucid
 Julie Czerneda
 Simon Denny 
Ariana Dongus
 Wesley Goatley
 Quentin Gomzé
 Benjamin Edgar Gott 
Normunds Grūzītis 
Abby Jame
 Gwyneth Jones
 Colin Koopman
 James Massiah 
Vector Newman
 Nathalie Nguyen
 Sabrina Scott
 Nishant Shah
 Jaeho Shin 
Viktor Timofeev
 Veronika Vidø
 Coralie Vogelaar NXS #4 Algorithmic Anxiety explores the spectrum of algorithmic authority over our lives (whether perceived or not). They question or reveal the inconspicuous influence of algorithms, in their various forms, on our behavioral patterns, emotions, and self perceptions of our position in the world.

Are algorithms really rational and only virtual? Are they better than we are in drawing up a reflection of ourselves? Can they predict our future selves? Are we at risk of losing our agency to act and think, of being increasingly controlled and programmed through social credit systems, surveillance, and Big Data rankings? Are we on the path towards digitally structured totalitarianism? What does that mean for the conception of the autonomous self?
 NXS#4のテーマAlgorithmic Anxietyは直訳するとアルゴリズムの不安です。それは、(知覚されているかどうかにかかわらず)私たちの生活の中のアルゴリズムの権威の範囲を探ります。 今号では、私たちの行動パターンや感情、そしてこの世界での自分の立場に対する自己認識に関するアルゴリズムの目に見えない影響に対して、さまざまな形で疑問を呈し明らかにします。 アルゴリズムは本当に合理的で仮想的なものでしょうか? 我々自身の像を描くことにおいて私たちよりも優れているでしょうか? アルゴリズムは私たちの将来の姿を予測できますか? インターネットや現実での行動を「ソーシャルクレジット」として数値化し監視し、ビッグデータのランク付けする事をとおして、ますます管理されプログラムされる事で私たちの公共機関は行動や思考を失う危険性にさらされるでしょうか? 私たちはデジタル的に構造化された全体主義への道を進んでいるのでしょうか? それは自律的な自己の概念にとって何を意味するのでしょうか? NXS is a collaborative research project that has been exploring “the self” in the age of digital technology since 2016. NXS – standing for nexus – creates its content by building a network of contributors and their writings or visualizations. Each of them is asked to reflect and comment on a previous contribution. NXS takes the form of a cross-platform structure with exhibitions, performances, lectures and a biannual publication as its core. It searches for personal viewpoints, experiences and stories on relevant topics around digital technology, as a way to make them more tangible and more accessible to an audience that reaches beyond artists, designers, and theorists. NXSは、2016年から始まった、デジタルテクノロジーの時代における「自己」を探求する共同研究プロジェクトです。 nexusの略であるNXSは、寄稿者とその執筆または視覚化のネットワークを構築することによってそのコンテンツを作成します。それぞれに、以前の寄稿について熟考してコメントするよう求められます。 NXSは、展覧会、公演、講演会、年2回発行の出版物を中核とする、クロスプラットフォーム構造の形をとります。 アーティスト、デザイナー、そして理論家を超えたオーディエンスにとって、より具体的でアクセスしやすいものにするための方法として、デジタルテクノロジーに関連するトピックについての個人的な視点、経験、およびストーリーを模索します。