art
I AINT THE NOING UV IT IM JUS ONLE THE SHOWING UV IT
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

I AINT THE NOING UV IT IM JUS ONLE THE SHOWING UV IT

¥5,500 税込

送料についてはこちら

この図録は、2015年春にBergen Kunsthallで開催された2部構成の展覧会プロジェクト「The Noing Uv It」(1月9日~2月15日)と「The Showing Uv It」(2月27日~4月5日)を記念して制作されました。 本展のキュレーターであるMartin ClarkとSteven Claydon、参加アーティストであるSimon LingとMartin Westwoodをはじめとする多くのアーティストによる新しいテキストで構成されています。この本は、Graham HarmanやTimothy Mortonを含む、展示されたテーマを扱う哲学者たちを紹介しています。この本はSimon Joseburyによってデザインされており、2つの展覧会の参考書として1冊に纏められたものとして出版されています。展覧会の全作品の画像と、両展覧会のインスタレーションの写真が掲載されています。 展覧会「The Noing Uv It」は、「モノ」の性質、状態、操作をめぐる最近の哲学的思考に基づいて描かれています。この展覧会では、多くの国際的なアーティストと作品が集まり、「モノ」とそのイメージ、物質の記憶、視覚と意識の進化と代理性についての考えを探りました。 https://kunsthall.no/en/Default.asp?k=1&aar=2015&id=26&aid=2136&ark=1&arrtID=6&ArrLokID=1&index=0 タイトルは児童文学作家でSF作家のRussell Hobanが1970年代後半に書いた小説「Riddley Walker」(未邦訳)から引用されています。この本は、使い古された英語の歪んだ回想に基づいて、分断された音声的な方言で書かれています。社会は今、誤って記憶されているキリスト教とキリスト教以前の神学、ビクトリア朝の人形劇、そして原子の分裂と核の黙示録につながった失われた科学と文明の堕落した記憶を一緒に崩壊させる精巧な "破壊 “の神話を中心に構造化されています。 “Eusa wuz lyn on the groun by the river. Thayr apeerd tu him then the Littl Shynin Man, he wuz in 1 peace. Eusa sed, Wy arn you in 2 peaces? The Littl Man sed, Eusa I am in 2 peaces. It is onle the idea uv me that cum tu gether. Yu ar lukin at the idea uv me and I am it. Eusa sed, Wut is the idear uv yu? The Littl Man sed, It is wut it is. I aint the noing uv it I’m jus onle The Showing Uv It.” – Russell Hoban, Riddley Walker, 1980 この展覧会は、小説「Riddley Walker」についての展覧会ではありませんが、「Riddley Walker」のテーマや詩的な操作を、本展の中の様々なアイデアを考えるための方法として使用します。素粒子レベルまでの物質の性質に関するアイデアや、撤回と明滅するを物質の操作、意識の進化やホログラフィックな宇宙の概念なども紹介しています。このようにして、本展は、より触覚的で、オブジェクトに基づく語彙や知性、一種の世俗的なアニミズムに焦点を当てています。 展覧会では、幾つかの歴史的な作品やアーティストの作品を遡って紹介し、様々な素材や物質の持つ作用や効果との不可解で直感的な関係性を強調しています。同時に、多くの若いアーティストとの相乗効果を示し、デジタルのユビキタスな現実を通して知らされているように、彼らのオブジェクト、イメージ、世界とのつながりを明らかにします。また、物理学や科学全般における現在の発見を利用して、化石化した三葉虫、IBMによる原子アニメーション映画、欧州宇宙機関による月面のビルディングブロック、初期のコンピュータやロボット技術など、より繊細で難解な要素を展示空間に取り込むことも可能になります。 続いてSimon Lingによる最近の絵画の展覧会「The Showing Uv It」が開催されましたが、この展覧会では、前述したテーマやアイデアの多くが、一つの媒体と一つのアーティストの枠の中でさらに発展し、拡大されていました。 https://kunsthall.no/en/?k=1&id=26&aid=2136&ark=1&aar=2015&arrtID=6&ArrLokID=1&index=3 Simon Lingはイギリスのアーティストで、絵画との関わりを深く、長く続けてきました。彼の作品は、街の風景、静物、岩、石、草原など、ありふれたものに見えることがありますが、「見る」という行為を続けることで、平凡なものを超越し、奇妙で、時に不安を覚えるような質の高いものになります。 視ること、見ることは、彼の作品において深い重要性を持っています。これは芸術家、特に画家にとっては当たり前のことかもしれませんが、彼にとっては知覚の操作と効果が特に重要なのです。視ることは常に特別な行為であり単に受動的な観察のプロセスではなく、能動的で意図的なもの、世界を生成するだけでなく、それを変更し、混乱させるものなのです。 彼の作品はロンドンのスタジオ周辺の路上や、イギリスの田園地帯、公園、荒れ地、動物園などで描かれています。しかし、彼はスタジオでも作品を制作しており、時にはモデル(自分で作ったもの)から、時にはスケッチや記憶から制作しています。このようにして、彼の絵画は、異なる種類の経験、知覚、時間の蓄積と崩壊の複合的な特質を持っています。 彼の絵画を通して、私たちは(広い意味での)オブジェクトとの関係性、現実、そして私たちが経験したオブジェクトの変幻自在な経験との深い関わりを見ることができます。それぞれのキャンバスは、アーティストと世界との間で、その瞬間に現れたように、また、回想や回想の曖昧さや歪みの中に現れたある種の「出来事」として読めるかもしれません。 リンの絵画は、目に見えるものの偶発的な性質、物事の撤退しゆらゆらとした物々しさ、物体の物質性という無言ではあるが高揚感のある事実の中で、物が染み込み脈打つ様を見ている、この不安定さを例証するように見えるかもしれません。 https://kunsthall.no/en/?AID=2154&ID=230&K=28&ACT=&index=12 https://kunsthall.no/en/Default.asp? Editors: Martin Clark Steven Claydon Artists: Michael Dean Trisha Donnelly Alex Dordoy Michaela Eichwald European Space Agency Cerith Wyn Evans Florian Hecker Russell Hoban Jenny Holzer Roger Hiorns Yngve Holen Richard Hughes IBM Edward Ihnatowicz Mark Leckey Simon Ling Sarah Lucas Robert Morris Jean Luc Moulene Matt Mullican David Musgrave Seth Price Magali Reus Paul Sietsema Michael E Smith Haim Steinbach Rudolph Stingel Wolfgang Tilmanns Rosemarie Trockel David Tudor James Welling Martin Westwood Bill Woodrow Texts: Graham Harman Timothy Morton Martin Clark Steven Claydon Simon Ling Martin Westwood and others