art
Autre Issue 7
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

Autre Issue 7

¥3,850 税込

送料についてはこちら

Autreは、現代の流行のための完全にユニークな声であることを目指している芸術と文化のジャーナルです。オンラインプラットフォームは、毎日何度も更新され、特集、社説、独占インタビュー、アーティストのプロフィールなどを掲載しています。 Autre Issue 7 2019年春号は、私たちの現在の壊れやすい生態系や時代錯誤とアーティストの関係を探る、魅力的なねじれと回転の生態学の旅をしています。現代のアーティストに話を聞くだけでなく、山火事や警察の追及のようなある種の不安定なロサンゼルスの現象について、それぞれの分野の専門家にインタビューしています。 Tom SachsとVito Schnabelは、サーフィンとスイスの中立の神話について話し合っています。ロサンゼルスを拠点とするアーティスト、Ariana Papademetropoulosは、メキシコシティに住んでいた最後のシュルレアリスム、Pedro Friedebergを訪問しました。伝説的なパフォーマンスおよびビデオアーティストのJoan Jonas、学際的な作曲家および振付家のMeredith Monkにインタビューしました。新進気鋭の俳優のBuddy Duressは、投獄中にナレーションを録音する方法を説明し、レコードプロデューサーのJohn Carroll Kirbyは、SolangeやKarl Lagerfeldとの仕事について語っています。また、写真家のSusan Resslerには、1970年代のロサンゼルスの企業についての探究心を語ってもらいました。Isabelle Albuquerqueは、ランドマークのボブベイカーマリオネットシアターでドレスアップしました。フォトグラファーのCG Watkinsは、ロンドンの降雪の中を奇妙で暴力的な映画の旅に連れて行き、Joseph Kadowはベルリン郊外の黄昏時に、華麗なToby Grimditchがスタイリングしたゴージャスなファッションストーリーを撮影しています。巻末には、ファッションデザイナーのRick OwensとフォトグラファーのRick Castroが、1980~90年代のLAのアンダーグラウンドなクィア・コミュニティについて語り合っています。 表紙はベルリンを拠点に活躍する著名なスタイリストToby Grimditchが、ドイツのポツダムにあるサンスーシ宮殿でJoseph Kadowが撮影したファッションエディトリアルをアートディレクションしています。オランダの新鋭モデル、Aniek Klapwijkは、"コンセプチュアルで独創的なディティールと遊び心のあるプロポーション、そして歴史的な参照事項をウィットに富んだ形で融合させた "Glenn Martensがクリエイティブに指揮を執るレーベル、Y/Projectのフルルックを着用しています。 https://autre.love/