art
Modern Matter Issue 14 The Mother Issue
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

Modern Matter Issue 14 The Mother Issue

¥6,050 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

オンライン上で見られるスタイルやコンテンツへの時折混沌としたアプローチと、細心の注意を払った制作への配慮、そして最高の印刷雑誌の特徴である文章を融合させた画期的な年2回発行の雑誌であるModern Matterは、市場に出回っている他の雑誌とは一線を画しています。この雑誌の背後にあるチームにとって最も重要なアート、スタイル、デザイン、文化の側面と同様に、「今」に焦点を当てていることに敬意を表して名付けられたModern Matterは、一般的に商業的な領域に個人的なものをもたらします。Serpentine galleriesのHans Ulrich Obristは「ロンドンで最高の雑誌」と評し、書店MagmaのMarc Valliは「雑誌編集者のためのポルノ」と評したModern Matterは、長編のカルチャー・ライティングの最高傑作と、ファインアートの感性とハイファッションの美学を融合させたユニークなアプローチをとっています。 Modern Matterの第14号はThe Mother Issueです。すべてのアーティストは、活動、アイデア、そして最終的な後継者の母、あるいは父である。 Juergen Tellerが撮影した表紙のMichele Lamyは、クリエイティブで真の個人であり、全く独創的なスタイルと展望を持った女性であり、この理念を完璧に体現しています。誌面では、Louise BourgeoisやMonster Chetwyndの作品(モンスターと彼女の息子ドラガンとの独占コラボレーションを含む)がテーマを継続して掲載されています。その他Donald Judd、Robert Heinecken、Will Benedict、Tate ModernでのPablo Picassoがあります。 http://amodernmatter.com/