{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

Rab-Rab Journal Issue #05

¥3,080 税込

送料についてはこちら

エストニアはタリンのグラフィックデザイナーOtt Kagovereのデザインによる「Rab-Rab」第5号は、国家反逆者、激しい大衆、社会主義女性の闘い、愛の形、サイケデリックな反革命、労働組合、ブレヒトのバイオリン弾き、ジャズ・シュールリアリズム、ソ連の列車、反ファシズムに関する話が収録されています。 第5号の寄稿者には、 Anna Thew, Yehuda Safran, Peter Gidal, Cana Bilir-Meier, David Black, Marjo Liukkonen, Alejandro Pedregal, Peter Hallward, Minna Henriksson, Jyrki Siukonen らがいます。 また、2つの膨大な資料が収録されています。 一つは、Joe Grim Feinbergがアメリカの詩人、芸術家、歴史家、そしてシカゴシュルレアリスムグループの共同創設者であるFranklin Rosemontに捧げたもので、ローズモントの未発表・入手困難なテキストや、T-Bone Slimのペンネームで知られるアメリカの作家、詩人、ソングライター、ホーボー、労働運動家であるMatti Valentin Huhtaや、アメリカの小説家、漫画原作者のJoe Hillの著作を紹介しています。 もう一つは、Tevfik Radaによるフランスの政治家、社会学者、哲学者のRobert Linhartに関する資料で、リンハートの著書から生産主義に関する章の英訳、西洋ブルジョア反体制派に対する記事、リンハートへのインタビューが含まれています。 テキスト中心で勿論全部英語なので読み熟すにはハードル高めです。google翻訳のカメラ入力でテキストを翻訳する機能やDeepLを活用するのも良いと思います。

セール中のアイテム