{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

A Fascinating Plan

¥3,300 税込

送料についてはこちら

Spector Booksから出版された本書「A Fascinating Plan」は、小説家Marius Goldhorn(マリウス・ゴールドホーン)、劇作家Enis Maci(エニス・マチ)、作家Mazlum Nergiz(マズルム・ネルギズ)、映像作家Astrid Nylander(アストリッド・ナイランダー)、映像作家Tanita Olbrich(タニータ・オルブリッヒ)、作家Pascal Richmann(パスカル・リヒマン)の共著として出版されました。 ミュンヘンの劇場で行われた同タイトルのウォークイン・ビデオ・インスタレーションの一部をまとめたものです。インスタレーション作品は、タニタ・オルブリッヒが監督し、アストリッド・ナイランダーとWassili Franko(ワシリ・フランコ)が作品を、マリウス・ゴールドホーン、マズルム・ネルギス、パスカル・リッチマン、エニス・マキがテキストを担当したコラボレーションとして制作されました。 何日も雨が降っていなかったのに、突然雨が降ってきたとしよう。駐車場にあるトヨタのプリウスは雨に濡れ輝いている。この車はあるときはガソリンで走り、またあるときは電気で走る。そして、あるときはヨダレを垂らした子供のように考え、またあるときは記録をつける。 ある女性が髪にアンバーグリースをこすりつけるとしよう。その女性は高揚し、魅惑的なキスへと私たちを誘う。パンクバンドCarambolageは「闇こそ魅力的だ」と歌い、アルバニアののプロパガンダソングには「夜更けの月、我々の光はお前を征服した」とある。 村の電化とティーンエイジャーとロモノソフの冷めてはいけないスープと何の関係があるのだろうか?1753年7月26日、午後1時頃、北から雷雲が吹き荒れてきた。その直後に一人の物理学者が実験室で死んでいた。一つ確かなことは人を殺すのはいつの時代も人が行うということだ。ビットコインをマイニングするテスラ社のエンジン、セーラームーンに登場する魔女のマシン、ライン川のほとりでの若い女性2人が起こした焼身自殺、これらに共通項はあるのだろうか?物事や事実や行動は、変化したり変化させられたりすることはあるが消滅することはない。そしてあらゆる猿を進化させた親指は、原始的四肢動物イクチオステガの体格に由来している。ここにあるのは長年の関心と新しい執着をどんどん焼き払う発電所です。「A Fascinating Plan 」はエネルギーに関するものです。 softcover 120 pages 136 x 195 mm published by SPECTOR BOOKS https://spectorbooks.com/a-fascinating-plan