{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

Gabriel Abrantes - PROGRAMMED MELANCHOLY

¥4,730 税込

送料についてはこちら

キュレーターのEmily Butler(エミリー・バトラー)は、Gabriel Abrantes(ガブリエル・アブランテス)による本書「PROGRAMMED MELANCHOLY」に含まれるエッセイの中で、「芸術と文化の歴史への言及と個人的で社会政治的なコメントの並置は、『プログラムされたメランコリー』全体を導く糸だ」と書いています。(他のテキストはアーティストとのインタビューとRosa Lleóによる短いエッセイであります)。バトラーはこう続けます。「彼の作品は、私たちの感情、個人的な感情、しばしばユーモアや潜在している倫理的・政治的な信念を呼び起こすものです。不安定で、多面的、多性的な彼のキャラクターは、個人的な感情を表現することと、より広い社会的、環境的、政治的な懸念との間で揺れ動くのです。」 Gabriel Abrantes(1984年生)は、映画界でキャリアを積み、カンヌ、ベルリン、ロカルノ国際映画祭、ベニス・ビエンナーレ、トロント国際映画祭などの批評家週間や監督週間で上映され、批評家週間のグランプリ、ベルリン映画祭のEFA賞、ロカルノ映画祭の金賞など、多くの賞を獲得しています。一方でホワイトチャペル・ギャラリーやテート・ブリテン(ロンドン)、パレ・ド・トーキョー(パリ)、MITリスト・ビジュアルアートセンター(ボストン)、クンスト・ヴェルケ(ベルリン)、セラルベス美術館(ポルト)での展覧会をはじめ、ビデオインスタレーション、ドローイング、絵画、VRと多才な活動を続けています。 彼は、その無尽蔵ともいえる参照元とリソースによって、世界中の観客を楽しませ、映画と現代美術の分野における伝統的な境界線に挑戦する、型破りなアーティストです。本書及び同名の展覧会「Programmed Melancholy」は、過去、現在、未来を統合する(少しロマンチックな)試みとして、彼のキャリアの様々な瞬間や段階を再訪しながら、現在最も多作な作家の一人である彼の異端で魅惑的な作品を通して、見る者を導く視覚的な出会いのための実験的(かつオープン)ステージを提案するものです。 展覧会では、絵画『As Banhistas [The Bathers], 2020』が展示されている部屋を除き、展示は6つの異なるエリアに分かれており、それぞれが作家の映画の1つからインスピレーションを受けています。2008年から2019年にかけて制作されたこれらの映像作品は、一連の歴史的、社会的、政治的状況と、人類学、近代性、アイデンティティといった主要テーマへの批判的考察を組み合わせた複雑な物語に基づいています。 彼の新作ペインティングは、可愛らしくもグロテスクな、謎めいた曖昧なキャラクターが、荒涼とした陰鬱な風景に似た青い背景の上に浮かんでおり、キャンバスの物理的物質性を超越した、形而上的時空間を想起させるものです。様々なコンピュータ・アニメーション・ソフトウェアを用いて制作されたイメージは、3Dコンピュータ・アニメーション、人工知能、西洋絵画を中心とした美術史の出会いにアブランテスが関心を持ち続けていることを裏付けています。その中には、ポール・セザンヌ、パブロ・ピカソ、エド・ルシェをはじめ、アルカイック中国王朝時代に奉納された像、16世紀から18世紀にかけてヨーロッパで流行した仮面を使用する即興演劇の一形態であるコンメディア・デッラルテ、ディズニーやピクサー映画の映像美、1920年代から30年代にかけてパラマウント映画社が配信したアメリカの有名アニメTalkartoonsへの言及が見て取れます。映画と絵画の関係、そしてこの2つの異なる実践の間の併存を考えると、後者の連続的な中断と逸脱を認めつつ、映画のイメージが画家の原作に多くを負っていることは明らかです。例えば、『Humores Artificiais』(2017)の未来型ロボットは、ルネ・マグリットの象徴的なベルを明確に参照しており、彼の新しい絵画シリーズの場合もインスピレーションはアニメーション映画やショートフィルムに由来していると言えます。 MAAT(Museum of Art, Architecture and Technology)とMousseから出版された本書は、まさにそれを証明するものです。本書は、ビジュアルを主体とした明快な構成で、彼の作品を貫くある種の形式的・概念的な姿勢を、本書の美的アプローチに効率よく移し変え、比較的古典的な枠組みの中でユーモアと皮肉を視覚的に表現しています。 https://www.gabrielabrantes.com/ https://www.moussemagazine.it/shop/gabriel-abrantes-programmed-melancholy/ https://www.maat.pt/en/exhibition/gabriel-abrantes-programmed-melancholy 2020 English/Portuguese 162 pages Hardcover, 20 x 20.5 cm ISBN 9788867494361