art
Sara Enrico - THE JUMPSUIT THEME
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

Sara Enrico - THE JUMPSUIT THEME

¥4,730 税込

送料についてはこちら

本書はSara Enrico(サラ・エンリコ)が織物のジャンプスーツ(ツナギ)というコンセプトで展開する作品シリーズを収録しています。 1920年にErnesto Thayah(エルネスト・タヤート)が発明して以来、ジャンプスーツは最も象徴的で重要な衣服のひとつとなりました。生産が簡単で、耐久性と快適性に優れ、すぐに労働階級のユニフォームとなりました。20世紀には、スポーツから日常生活、そしてファッション界の最高級品に至るまで、さまざまな場面で使用されるようになりました。ジャンプスーツは、あらゆる領域に入り込み、ポップカルチャーの標準服となっているのです。 「展覧会のタイトル「The Jumpsuit Theme」は、ジャンプスーツという衣服と、1920年にジャンプスーツを発明したErnesto Thayah(エルネスト・タヤート)、そして女性の解放に貢献したファッション革命を起こしたスタイリストMadeleine Vionnet(マドレーヌ・ビオネ)の革新的作品からインスピレーションを受けて、構成原理における変化や即興として理解したテーマのアイデアのことです」と、エンリコは述べています。 コスチュームとしての建築?空間としての身体?ヒューマノイドの揮発性皮膚としての布?エンリコのバイオモーフィックな構造は、感覚を再活性化し、身体経験の強度を活性化する心身混成体を構築することによって、私たちを取り巻く環境の崩壊する身体性を演出しています。 本書および同名の展覧会「The Jumpsuit Theme」は、幻想的なボリュームと遍在する平面というますますグレーゾーンにある絵画とオブジェクトの間にある空間の物質性を交渉する作家の試みです。エンリコは、表面と皮膚の関係に着目しています。彼女の作品では、身体、衣服、空間が、サルトリアのビジョンから彫刻的・空間的ビジョンへの変換のプロセスにおいて共同しています。 エンリコがジャンプスーツのコンセプトに基づいて制作した作品は、変幻自在の皮膚、彫刻可能な外皮、可鍛性のある表面となりました。私たちを変容させ、衰退していく現在の「彫像に変える」社会的メカニズムによって、連続的に進化する身体の逆説的で歪んだ組み換えの場として選ばれ、その中で私たちはそれぞれの役割を担っているのです。 エンリコの作品は、芸術の倫理的使命を念頭に置きながら、崩れた形と堅固な夢という考えを展開しています。布製のペインティングや絵画的なオブジェは、意味と知覚の自律性を模倣し、その結果、代用品と代理人の親密さを前景化しています。彼女の作品は、肉体の消耗と衰退という歴史後の瞬間に捕らえられた、身体性の反物質といえます。身体の断片、傷ついた皮膚のような表面、大量に積み上げられ放棄されたもの、オートコレクト装置の規律正しい時代に消えゆく偉大な物語の分解された記憶の疑似フィギュラティブコラージュ。ネオバロック的かつ未来的なこれらの作品は、偽りの歴史と記憶喪失の合成世界のための新しい人類学の演劇化された見解なのです。エンリコは、外科的実験が行われるポスト・ヒューマン時代の身体を再構築し、生命倫理とモラルの解剖学に関する思慮深い考察を引き起こしています。 Denis Isaia(デニス・イザイア)、Federico Zannoner(フェデリコ・ザノネル)、Francesco Guzzetti(フランチェスコ・グッツェッティ)、Adam Buda(アダム・ブダック)、Shehab Awad(シェハブ・アワド)、Giovanna Manzotti(ジョヴァンナ・マンゾッティ)による評論は、哲学、芸術、ファッション、衣装の間の歴史と進化を語り、エンリコの芸術作品の考察と実践を読者と一緒になって発見していくものになっています。 Format: 24 x 28 cm Pages: 152 Language: IT / EN Year: 2021 ISBN: 978-88-8056-125-5 https://www.saraenrico.net/ https://www.neroeditions.com/product/the-jumpsuit-theme/