{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

Protext! When fabric becomes a manifesto

¥4,730 税込

送料についてはこちら

機織りは通常、女性や子供、そしてより疎外された社会階層に割り当てられている行為です。しかし織物は産業社会、資本主義社会によって、他のどの行為よりも変化したものでもあるのです。家内制手工業の閉鎖性から工場労働による疎外感まで、針と糸を通して、労働者は不公平な世界に対する不快感を払拭することができたのである。 本書はルイジ・ペッチ現代美術センターで開催された同名の展覧会の際に出版された書籍で、8人のアーティストが参加しています。Serapis Maritime Corporation、Pia Camil(ピア・カミル)、Otobong Nkanga(オトボン・ンカンガ)、Tschabalala Self(チャバララ・セルフ)、Marinella Senatore(マリネッラ・セナトーレ)、Vladislav Shapovalov(ウラジスラフ・シャポヴァロフ)、Güneş Terkol(ギュネシュ・テルコル)、そして2組のアーティストによるワークショップ( About a Worker と Canedicoda )が開催されました。 本書は、抗議や妨害の武器としての、慣習に逆らう実践としての織物の役割を追求しています。2巻構成で、1巻目は織物を素材として扱った現代アーティストのプロジェクトをインタビュー、バイオグラフィー、作品を通じて紹介し、2巻目では、例えばMarinella Senatore(マリネッラ・セナトーレ)のシリーズ「It’s Time to Go Back to Street」(2019-2020)から40枚のドローイングを紹介しています。これらのドローイングのインスピレーションとなったストーリーを語ることで、彼女は私たち全員にストリートを取り戻し不満の理由を声高に叫んでほしいと呼びかけています。 2020年10月24日から2021年3月14日まで、Camilla Mozzato(カミラ・モッツァート) とMarta Papini(マルタ・パピーニ)のキュレーションによって行われたこの展覧会では、作家性、仕事、アイデンティティ、生産、環境変化に関する批評的議論における織物の役割だけでなく、反対意見を表明する為の優れたメディアとしての織物の役割も探求しました。横断幕、ペナント、Tシャツ、手作りのタペストリーやキルティングは、世界中で自発的な抗議活動を代弁してきたツールです。展覧会では、アーティストたちは作品を通じて抗議行動や帰属意識を表現し、これら織物の使用をいかにして侵犯的な芸術活動として考えているか追求しました。 ギリシャのクリエイティブ集団Serapis Maritime Corporation(セラピス)は、カーテンや壁に描かれた大きな壁画と、リサイクル素材で作られた一連の大きなクッションを製作しました。 Pia Camil(ピア・カミル)は、中南米でアメリカ向けに生産された衣服が移民とグローバルな商業の不公正なルートによって、元の場所に戻っていく、中古のTシャツとジーンズで制作したテキスタイル彫刻「Bara, Bara, Bara and Vicky's Blue Jeans Hammock」を製作しました。 Otobong Nkanga(オトボン・ンカンガ)は、タペストリー作品「The Leftovers」「Infinite Yield」「In Pursuit of Bling」「Steel to Rust - Meltdown」を、同名のインスタレーションとともに本展のためにデザインしたセットで発表しています。 Vladislav Shapovalov(ウラジスラフ・シャポヴァロフ)の作品「Flags」は、展覧会会場のある街プラートと同様にウール製造に関連した豊かな産業史を持つビエラ市の労働会議所の資料センターでの調査に由来しています。 Güneş Terkol(ギュネシュ・テルコル)はガーゼに刺繍を施した作品を光と浮遊感のあるインスタレーションと、参加型ワークショップで制作した旗「Dreams on the River」と「Desire Passed by Land」を展示しました。会期中、作家は反暴力センター「La Nara(ラ・ナラ)」の女性グループと一緒に新しい旗を制作します。 Marinella Senatore(マリネッラ・セナトーレ)カラフルな手刺繍のバナーは「Forms of protest: memory and celebration」シリーズと、ドローイング「It's Time to Go Back to Street」シリーズから50点を展示しました。 Tschabalala Self(チャバララ・セルフ)は、職人の芸術的伝統を参照しながら、縫製、印刷、塗装された非常にカラフルな素材を組み合わせて、黒人女性の身体のイメージにリンクした意図的に誇張された表現を構築しています。 展覧会の最後には、ワークショップ、レジデンス、イベントのための部屋が設けられ、展覧会期間中、反体制を表現するための織物の使用に関するリサーチが行われました。最初に行われたワークショップは、Lottozero Textile LaboratoriesとIstituto Marangoni FirenzeとのコラボレーションによるAbout A Workerで、Mantecoの支援を受けて行われます。続いてDynamo CampとのコラボレーションによるCanedicodaのワークショップが行われました。 Format: 10,5 x 14,8 cm Pages: 164 + 164 Language: IT / EN Year: 2021 ISBN: 978-88-8056-117-0 https://www.neroeditions.com/product/protext/ https://centropecci.it/en/exhibitions/protext

セール中のアイテム