art
NXS issue #3
5c9e209d3207bc15b65bf1b1

NXS issue #3

¥3,300 税込

送料についてはこちら

NXS #3: Viral Bodies Size: 34x12 cm Pages: 64 状態: 新品 WITH CONTRIBUTIONS BY Reba Maybury (UK) Dario Alva (ES) Josefin Arnell (SE) Jonathan Castro (PE) Lois Cohen (NL) Jesse Darling (UK) Vita Evangelista (BR) Alan Dean Foster (US) Gaika (UK) Jahmal B Golden (US) Sophie Hardeman (NL) Manique Hendricks (NL) Gui Machiavelli (BR) Mary Maggic (US) Simone C.Niquille (CH) Norman Orro (EE) Clara Pacotte (FR) Pinar & Viola (NL & FR) Penny Rafferty (UK) Addie Wagenknecht (US) Melek Zertal (DZ) Lil Miquela (US) Indiana Roma Voss (NL) NXS #3 Viral Bodies investigates the changing concepts of gender and identity norms in the digital space, and opens the discussion to many possible speculations and their real world implications. Kicking off the issue with a piece by Reba Maybury, over 20 fellow contributors subsequently explore social conventions, share intimate moments and experiences of pain, love, hate and fear. They delve into authenticity in the non-human sphere, or code accidental bigotry on the internet. Science fiction writer Alan Dean Foster blurs the lines of reality, transmitting what is real and what not in a dystopian society. Political art critic Penny Rafferty unravels the minds of tech giants while artistic researcher Addie Wagenknecht questions the diffusing lines between virtual technology and working bodies in reality. NXS#3 Viral Bodiesでは、デジタル分野における性差およびアイデンティティの規範となる概念の変化について調査し、可能性のある多くの推測とその現実世界への影響について説明します。 リバ・メイバリーによる作品からはじまり、20人を超えるコントリビューターがその後、社会的慣習を探り、親密な瞬間や痛み、愛、憎しみ、恐れの経験を共有します。 彼らは、人間以外の分野での信憑性を探求するか、またはインターネット上の偶然の偏見をコード化します。 サイエンスフィクション作家のアラン・ディーン・フォスターは現実と非現実の境界線をぼやけさせ、ディストピア社会におけるリアルな事とそうではない事を伝えます。 芸術研究者のアディ・ワーゲンネクトが仮想技術と実際に作業する体の間の拡散していく境界線について質問し、政治芸術評論家ペニー・ラファティはテクノロジーの巨匠の心を解き明かします。 NXS is a collaborative research project that has been exploring “the self” in the age of digital technology since 2016. NXS – standing for nexus – creates its content by building a network of contributors and their writings or visualizations. Each of them is asked to reflect and comment on a previous contribution. NXS takes the form of a cross-platform structure with exhibitions, performances, lectures and a biannual publication as its core. It searches for personal viewpoints, experiences and stories on relevant topics around digital technology, as a way to make them more tangible and more accessible to an audience that reaches beyond artists, designers, and theorists. NXSは、2016年から始まった、デジタルテクノロジーの時代における「自己」を探求する共同研究プロジェクトです。 nexusの略であるNXSは、寄稿者とその執筆または視覚化のネットワークを構築することによってそのコンテンツを作成します。それぞれに、以前の寄稿について熟考してコメントするよう求められます。 NXSは、展覧会、公演、講演会、年2回発行の出版物を中核とする、クロスプラットフォーム構造の形をとります。 アーティスト、デザイナー、そして理論家を超えたオーディエンスにとって、より具体的でアクセスしやすいものにするための方法として、デジタルテクノロジーに関連するトピックについての個人的な視点、経験、およびストーリーを模索します。