Zweikommasieben #16
5c9ee3573207bc6a545bf78f

Zweikommasieben #16

¥2,750 税込

送料についてはこちら

Zweikommasiebenは、2011年の夏から現代音楽とサウンドのドキュメンテーションに力を注いでいるスイスの雑誌です。この雑誌は、アーティストのインタビュー、エッセイ、コラム、写真、イラスト、グラフィックスを特色としています。 さらにZweikommasiebenは、さまざまなイベントを企画し開催しています。たとえば、2018年の夏にサンフランシスコで最初に開催されたシンポジウムEbbing Soundsや、隔年開催のロンドンを拠点とするフェスティバルOto Nove Swissです。 もはや国家、祖国、家族といった支配的な物語には陥らない、コミュニティ、交流、集団的なプロジェクトをどの程度まで想像できるでしょうか。zweikommasieben第16号に掲載された交流の中でTerre Thaemlitzが提起したこの問いは、西洋社会の政治的・社会的な構造が崩壊していくように見える今の時代には、ますます切迫したものとなっています。可能性のある答えへの探求は、ミラノのインディペンデント会場であるマカオへの寄稿や、NON WORLDWIDE のFaraiやアメリカの実験音楽家でEmeraldsのメンバーSteve Hauschildtへのインタビューなど、本誌全体を通して潜在的に存在しています。最も希望に満ちた答えであっても、最終的にはアンビバレントな答えになっているようです。 最終的にはユートピアは存在しないでしょう。Laurel Haloは雑誌の中で「空には太陽がありますが、これまでになく熱く燃えている」と指摘してます さらに、この号ではDVA Damas、Mechatok、Parrish Smithのインタビュー、Golden PudelのNinaとV.I.S.のポートレート、Casual GabberzのEvil GrimaceとVon Bikrävのインタビューが掲載されています。また、"A Short History of the Aesthetic of Excess in Hip Hop"、といった様々なコラムやフォトエッセイ、さらにDas Ding、Laraaji、German Armyによる寄稿も掲載されています。 https://www.zweikommasieben.ch/ https://www.zweikommasieben.ch/en/magazin/zweikommasieben-magazin-16/