Zweikommasieben #17
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

Zweikommasieben #17

¥2,200 税込

送料についてはこちら

Zweikommasiebenは、2011年の夏から現代音楽とサウンドのドキュメンテーションに力を注いでいるスイスの雑誌です。この雑誌は、アーティストのインタビュー、エッセイ、コラム、写真、イラスト、グラフィックスを特色としています。 さらにZweikommasiebenは、さまざまなイベントを企画し開催しています。たとえば、2018年の夏にサンフランシスコで最初に開催されたシンポジウムEbbing Soundsや、隔年開催のロンドンを拠点とするフェスティバルOto Nove Swissです。 zweikommasieben #17では、時間の性質がデザインにも表れています。— 最初はスピードの美学を追求していましたが、最終的には減速や加速と同様に一時停止を反映したデザインとなりました。そして、時間を形にしようとするこの試みには、原初的な音楽的瞬間もあります。 この号では、雑誌の創刊当初から明らかにしきた事、現在を研究することを信条としています。-それはますます真実味を帯びてきています。想定される現在において、時間性は重なり合い、交差しているのです。1号分を人間の年齢1歳分に例えると、この雑誌は思春期の真っ只中にあることになります。しかし、6年前に始まったこのプロジェクトを人間より寿命の短い犬の年齢で測ってみたくなります。そうなれば、18世紀後半にドイツで見られた革新的な文学運動『Sturm und Drang』の時代はとっくに終わり、過去を振り返り、未来を予測することを避けて老後を過ごすことになるだろう。しかし、現在にこだわるこの雑誌は、それだけに留まることはできません。むしろ、当初から明らかになっていたこと、本来の現在の中では時間性が重なり合い、交差している事が、ますます真実味を帯びてきているように思えます。それは、後方にも前方にも同時に到達しながら破裂していくのです。 今号のHelena Julianとのインタビューで、John Mausは前作のリリースから2017年の『Screen Memories』までの6年間で、熱狂的な夢から覚めたように感じた日々について語っています。その間、彼は自分はもう死んだと思っていたが、時はなぜか1週間のようにあっという間に過ぎていったと。Country MusicのAnna SagströmとDaniel Iinattiは、同じように時間との相反する関係に関心を持っています。グローバリゼーションの加速主義的な力にもかかわらず、時間が逆行しているように見えるとき、それは何を意味するのでしょうか? 特に労働の柔軟化の進展に照らしあわせると,美学的にもそうでない場合でも,その結果はどのようなものになり、私たちはどのような異なる時間の制度にさらされているのでしょうか? Alexandra Baumgartnerと対談したAlessandro Cortiniの最新作にも、時間に対する逆説的な方向性が含まれています。彼の最新アルバムは、イタリア語で「前へ」を意味する「Avanti」と呼ばれていますが、主に過去のことを指しています。このアルバムは1970年代のイタリアを個人的に回顧したもので、Cortiniはそれを家族のアーカイブからの映像を使ってステージ上でライブで披露しています。 Georg Gatsaのビジュアル・コラム「We Are Time」は数回にわたって連載しています。 この時間の本質、ひいては私たち自身の状態は、依然として謎めいており、断片化されています。-シェイクスピアの「ハムレット」の有名な表現のように、"out of joint "です。この精神で、私たちの現在のスナップショットをお届けすることで、読者にエキサイティングな時間を過ごしてほしいと思います。 その他、Anna Homler、Errorsmith、Further Reductions、Gabber Eleganza、Jasss、Ossia、Peter Rehberg、Renick Bellとのインタビュー、Russell Haswellとの対談、Christoph Fringeli、Simon Crab、Nigel Ayersとの対談、Mmodemmのポートレート、DeForrest Brown Jr. のダンスホールにおけるジェンダーについてのコラム"Basslines"、フィールドレコーディングの信憑性についてのコラム"Track Down Fiction"、詩についてのコラム"Sound Texts)、Angoisse、Ipek Gorung & Ceramic TL、Jay Glass Dubsの寄稿などが掲載されています。 https://www.zweikommasieben.ch/ https://www.zweikommasieben.ch/en/magazin/zweikommasieben-magazin-17/