Zweikommasieben #20
5ead8ec834ef015170044d4e

Zweikommasieben #20

¥2,200 税込

送料についてはこちら

Zweikommasiebenは、2011年の夏から現代音楽とサウンドのドキュメンテーションに力を注いでいるスイスの雑誌です。この雑誌は、アーティストのインタビュー、エッセイ、コラム、写真、イラスト、グラフィックスを特色としています。 さらにZweikommasiebenは、さまざまなイベントを企画し開催しています。たとえば、2018年の夏にサンフランシスコで最初に開催されたシンポジウムEbbing Soundsや、隔年開催のロンドンを拠点とするフェスティバルOto Nove Swissです。 第20号では、現代の音楽活動とその美学的前提を形成する力とは何かを改めて探ろうとしています。ピアニストであり作曲家のKelly Moranなどのアーティストへのインタビューを掲載しており、彼女は音楽を通して自分の感情をより分かりやすく形にしたいと考えていることを語っています。 DJ LyzzaとパフォーマーのAyaは、自分たちの作品がナイトライフに与える影響や、マイノリティや疎外されたグループへの態度を理解しています。Kelman Duranは、彼の音楽がレゲトンの歴史にメランコリックな響きを与えており、彼はどのようにして自分の作品から多くの散漫な安定性を排除しようとしているのかを説明しています。これらのインタビューの他にも、Cia Rinneの詩、Georg Gatsasの写真エッセイ、Paul WoolfordとSea Urchinの作品を含むコラムや寄稿で追加されています。 紹介されたアーティストとその音楽的実践は、芸術の他の分野では既に徹底的に議論されてきた問題を提起しているかもしれません。しかし、これらのコンテクストは、それらの問題に対処するのに適しているとは言えないし、またそれらの問題にはある程度の確実な答えが出ているとは言えません。特に後者の主張はナイーブであり、今号では、美学的言説の中にこれらの疑問に対処する方法が無数に存在することを証明しています。 https://www.zweikommasieben.ch/ https://www.zweikommasieben.ch/en/magazin/zweikommasieben-20/