Zweikommasieben #11
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

Zweikommasieben #11

¥2,200 税込

送料についてはこちら

Zweikommasiebenは、2011年の夏から現代音楽とサウンドのドキュメンテーションに力を注いでいるスイスの雑誌です。この雑誌は、アーティストのインタビュー、エッセイ、コラム、写真、イラスト、グラフィックスを特色としています。 さらにZweikommasiebenは、さまざまなイベントを企画し開催しています。たとえば、2018年の夏にサンフランシスコで最初に開催されたシンポジウムEbbing Soundsや、隔年開催のロンドンを拠点とするフェスティバルOto Nove Swissです。 zweikommasieben#11は広く実験的な音楽をテーマにしています これまでクラブやダンスミュージックを何らかの形で扱ってきた多くのプロデューサー、オーガナイザー、DJなどが、ほとんど踊れそうにない音響インスタレーション、実験音楽、音響研究といった新しい方向に向かっています。 シーンは現在、これまで以上に実験的なようです。 最近、「実験的」という言葉を比較的よく目にするようになりました。たとえば、Mumdanceは、ロンドンのFabricのようなクラブで実験的なサウンドを演奏するときに、どのように絶妙なラインを歩んでいるかを語っています。アメリカ人アーティストのDalglishも、この言葉の下に集うシーンに元気をもらっているといます。彼は25年前に観察していたブレイクエリアで起こったことと比較しています。 このテーマは問題を駆け抜け、他の様々な会話の中にも飛び出してきます。例えば、音に飢えているBeatrice Dillonや、オーストラリアの実験的ポップ・トリオ、Seekaeとの会話などです。 また本誌では、Hieroglyphic Being、TCF、Joe Shakespeare & Kuedo、Moon Wheel、Norbert Möslang、Oneohtrix Point Neverとのインタビュー、RVDSのポートレート、5つのお馴染みのコラムと2つの新しいコラムが掲載されています。新人の二人は Georg Gatsasによる最近出会ったアーティストを紹介するフォトコラムと、fromheretillnowによるテキストコラムで素晴らしい発見があります https://www.zweikommasieben.ch/ https://www.zweikommasieben.ch/magazin/zweikommasieben-magazin-11/ features The Sprawl (aka Mumdance, Shapednoise and Logos) Beatrice Dillon Hieroglyphic Being Kuedo und Joe Shakespeare Hallow Ground TCF Norbert Möslang Dalglish Tasty Morsels Moon Wheel Danse Noire Seekae RVDS Gatsas Georg Oneohtrix Point Never